Home > 今 想うこと > 活動報告

学校コントラバス救済作戦! ~活動報告~



音楽教育の現場に携わる皆様へ

~学校コントラバス救済作戦のご案内~

ライン02

2019年8月吉日
コントラバス奏者 吉木 稔


 残暑の候。音楽教育の最前線で指導教育に当たっておられる皆様方におかれましては、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、貴校のコントラバスに関しまして、私共プロの演奏者の使用済み弦への交換をご提案させていただきたいと存じます。

 私は芸術鑑賞会で全国各地の学校で演奏をさせていただいております。その際、生徒の皆様の演奏を聴かせていただいたり、共に演奏をする機会を持ちますが、長年メンテナンスが受けられず、更には劣化したままの弦のコントラバスが多く見受けられます。コントラバスのメンテナンスをできる人が少ないこと、弦が安価ではないことがその一因と思われますが、生徒・指導者の皆様が共に熱心であるだけに、それが惜しまれてなりません。
 一方、私どもプロの演奏者は音のクオリティを高く求めるため、未だ使える弦であっても頻繁に交換せざるを得ません。そこで、この両者の橋渡しができたら、学校コントラバスの弦の購入予算が浮き、その浮いた費用をメンテナンスに充てていただけるのではないかと考えました。更には、プロが情熱を込めて使った古弦を生徒の皆さんが引き継ぎ使用することで、両者の間に必ずや通じる思いがあると思うのです。
 音楽教育に携わる皆様、是非プロの演奏者から無償提供される状態のよい古弦を、使ってみてはいかがでしょうか。きちんと張られた良い弦が出す低音は、生徒の皆様に共に演奏する喜び、聴く喜び、伝える喜びを与えてくれると思います。生徒の皆様に、生き生きとしたふくよかな音を出させてあげてください。
 ご賛同および受け入れのご希望がございましたら、下記までご連絡ください。張り替えの手配をいたします。
 私は一人の演奏者として、学校コントラバスのためにできることをしたいと考えました。皆様におかれましては、まずはこのような問題があることを共有・ご理解いただき、できることでご協力をいただけましたら幸いです。
 皆様方のますますのご発展・ご健勝をお祈りいたします。

●ご連絡先メールアドレス  soulstasion.yoshiki@gmail.com(吉木 稔)
*参考 https://soulstation-yoshiki.com/contrabass (「音を楽しもう」HP内「救済作戦」ページ)


案内書は、以下からダウンロードできます。
どうか、音楽教育ご関係者の方々のお目に留まりますように。
「音楽教育の現場に携わる皆様へ ~学校コントラバス救済作戦のご案内~」PDF:126KB




《寄稿》学校コントラバス救済作戦!熊本支部 明日正就 氏

ライン02

ベースの吉木さんとは熊本市内のライブハウスに立ち寄ったときにお会いしました。
お話をしている中で,学校コントラバス救出作戦のことをお聞きしました。私は小学校で音楽の教員をしています。
音楽の教員の多くはピアノは弾けます。ブラスバンド出身,オケ出身の先生方も多少はいますので管楽器や弦楽器を演奏できる先生もいらっしゃいます。
しかし,同じ弦楽器でもコントラバスとなるとほとんど弾ける方はいらっしゃいません。ゆえに,コントラバスも楽器であるにもかかわらず音楽室準備室の肥しとなっているものが多いようです。授業で子どもたちに「これが,コントラバスですよ。大きいですね。」と見せるだけの「備品」になっています。
このように,熊本の学校コントラバスの状況もよいものとは言えないと思いました。吉木さんの活動に深く感銘し,救出作戦の熊本支部を引き受けさせていただいた次第です。

熊本市の音楽教師(全員ではありませんが)のLINEグループがあるので,その場でその旨投稿すると,早速「ぜひ見に来て欲しい」と返事がありました。
後日,その学校を訪ねてみると,そこに横たわっていたのは見るも無残なコントラバスでした。
以前,ちらっと見たことはあって状態はあまり良くないことは分かっていましたが,改めて見てみると,粉を吹いているようなガット弦。しかも4弦は切れてます。ボディもニスが劣化してぼろぼろです。どうも,昔,雨漏りがする場所に置いてあったのか損傷の激しい部分があります。
それに,fホールの横のボディ横の部分,U字型の部分が外れてしまってます。指板も黒檀ではなく元々塗料塗ってあったようですが,それが劣化して激しくデコボコになっていました。
吉木さんから送っていただいた弦を持って,きれいな弦と交換だ!と出かけたものの弦交換だけではどうしようもないコントラバスでした。私は自分のエレキベースの調整や改造を多少やった経験がありましたのでできる範囲で弾ける状態にしてから弦交換しようと思い持ち帰ることにしました。
といっても楽器の修理屋でもありませんし,コントラバスの修理なども初めてです。現状よりも悪くならないように,そして,もし将来学校の予算が出てきちんと修理をすることになった場合でも,修理屋さんが困らない程度に,そして,この楽器を学校の授業で「見せる」だけではなく,ちょっとでもいいので子どもたちが触れることができるように,ちょっとでもいいので音を聴かせることができるようにしようと思いました。
子どもたちはコントラバス,大太鼓,チューバなど大きい楽器が大好きです。そして,弾けなくてもいいから触るのが大好きです。
私が授業でコントラバスを紹介する時は,現在の勤務校には備品としてないので自分の楽器を持っていくのですが,準備室からコントラバスを持って来て見せた瞬間,授業は半分以上成功したも同然です。わあっという歓声があがり,子どもたちの目はコントラバスに釘付けになります。
それから音を聴かせると「すっげえ。」「おおお,腹に響く!」などボルテージはなおも上がっていきます。最後に一人ずつ全員に触らせます。子どもたちの手と握力では弦を押さえることは簡単にはできませんので,開放弦をボーンと弾かせます。弓に手を添えブーンと弾かせます。列の最後の子どもたちは待つ時間が長くなりますが,友達が弾く姿を見つめ,コントラバスから繰り出される低音に聴き入りながら楽しそうに待ちます。子どもたちはこの日の授業を忘れないと思います。
ぼろぼろで壊れそうなコントラバスや音が出ないコントラバスであれば見せてもきっと「ぼろな楽器が出てきたぞ。汚えなあ。」としか思えず興味も半減すると思います。最低限の調整がされて,ちゃんとした弦を張ってちゃんとコントラバスの音が出る楽器が必要です。
今回預かった楽器ですが楽器は駒も曲がってしまっていたり,高さが高すぎたり,おかしな位置についていたりして修理は大変ではしたが,なんとか弦を張り替え音が出せるようになりました。これで,このぼろぼろコントラバスも子どもたちの前で普通に姿を見せ,音を出して子どもたちを喜ばせてくれることと思います。

吉木さん,このような素晴らしいプロジェクトを紹介していただきありがとうございました。今後も,少しずつになるとは思いますがコントラバスの救出活動お手伝いをさせていただきたいと思います。
以下,依頼していただいた先生のFacebookのリンクです。
https://www.facebook.com/nori.takagi.10/

よろしくお願いします。
明日 正就




 2018-2019年    2017年   2016年